保守主義の哲学---「天皇の公的行為について」の政府見解全文は狂気の暴論である---バーク保守哲学的解説(その3)


「天皇の公的行為について」の政府見解全文は狂気の暴論である

バーク保守哲学的解説(その3)


(年月日)2010.2.25 16:08・・・鳩山政権


(発言/内容)➡「天皇の公的行為について」の政府見解全文

 「天皇の公的行為について」とする政府の統一見解は次の通り。

 1、いわゆる天皇公的行為とは、憲法に定める国事行為以外の行為で、天皇が象徴としての地位に基づいて公的な立場で行われるものをいう。天皇公的行為については、憲法上明文の根拠はないが象徴たる地位にある天皇の行為として当然認められるところである。

 2、天皇公的行為は、国事行為ではないため、憲法にいう内閣の助言と承認は必要ではないが、憲法第4条は、天皇は国政に関する機能を有しないと規定しており、内閣は天皇の公的行為が憲法の趣旨に沿って行われるよう配慮すべき責任を負っている

 3、天皇公的行為には、外国賓客の接遇のほか、外国御訪問国会開会式に御臨席になりおことばを述べること新年一般参賀へのお出まし全国植樹祭や国民体育大会への御臨席など、様々(さまざま)なものがあり、それぞれの公的行為の性格に応じた適切な対応が必要となることから、統一的なルールを設けることは現実的ではない

 4、したがって、天皇公的行為については各行事等の趣旨・内容のほか天皇陛下が御臨席等をすることの意義や国民の期待など様々な事情を勘案し判断していくべきものと考える

 5、いずれにせよ、内閣は天皇の公的行為が憲法の趣旨に沿って行われるよう配慮すべき責任を負っており今後とも適切に対応してまいりたい


私のコメントのつづき)話を戻すが、

 (イ)『政府見解文』の「3、天皇陛下の公的行為には、外国賓客の接遇のほか、外国御訪問国会開会式に御臨席になりおことばを述べること新年一般参賀へのお出まし全国植樹祭や国民体育大会への御臨席など、様々な行為(→ただし、新年一般参賀へのお出ましは、第七条の国事行為の第十項 儀式を行うこと、に含まれるという解釈もある)」が為されてきたが、これらの「公的行為」のすべてが国民の自由と権利を犯す行為ではないこと、つまり日本国法の下(=制限内)”にある行為であることは自明であること。

 (ロ)さらに、少なくとも日本国の聖徳太子の遣隋使(607年)以降の1400年以上の歴史において他国から天皇が日本国の国王であると認識されてきた事実」、あるいは戦後65年間の歴史に限定しても他国から天皇陛下が日本国の元首であると認識されている厳然たる事実」があること。

 (ハ)「『政府見解文』の3に掲げる公的行為が、成文憲法である日本国憲法には国事行為として明記されていない(=明白な成文法である日本国憲法違反)にもかかわらず、“日本国法の下(=制限内)”にある天皇陛下の公的行為として日本国民からも承認され現在まで継続的に行われてきた」という既成事実があること。

 (イ)(ロ)(ハ)を総合して言えることは、「天皇陛下」によって行われる、これらの「公的行為」自体は成文法の日本国憲法違反であるにもかかわらず、日本国民が戦後これらの天皇陛下の公的行為を意識的あるいは無意識的に日本国固有の慣習」「慣例として受容してきたという事実は、エドマンド・バーク保守主義での国法”=“憲法”(→日本国の伝統と慣習も国法=憲法である。天皇陛下の存在自体が日本国法=憲法である。)とする定義の正しさの証左ではなかろうか。

 また、逆に言えば、天皇陛下の「公的行為」が日本国民の承認する「慣習」「慣例」として今日でも定着しているならば、その公的行為は、すでに“日本国法=憲法”の一部として組み込まれているであるから、日本国民は、その“日本国法=憲法”たる「慣習」「慣例」を遵守し、保守する義務をもつ。

 なぜなら、先述したとおり“日本国法=憲法”とは「古来の諸制定法の一群民事および刑事裁判の判例の集積であるコモン・ロー本体とその国古来の慣習伝統制度の総体」として国民の生命安全私有財産自由道徳・(名誉評判)」を擁護し最も弱き人々をも保護する最強の要塞」であるからである。

 つまり、“日本国法=憲法”の擁護によって、日本国民は「生命安全私有財産自由道徳・(名誉評判)」を行使する権利を所有できるのであるから、権利と義務の「(原則3権利行使と結果義務の自己完結の原則」により、日本国民はその権利行使の結果については日本国法=憲法の規定に従って(=遵守して責任をとる義務を持つのである。

 そして、このような「公的行為」としての天皇陛下の自由意思による行為第三者拡張/縮小したり、スケジュールを変更したりすること等を要請する場合は、その要請が“日本国法の下(=制限内)”で行い得るか否かの助言役は、天皇陛下のすべての行為の監督官庁である宮内庁長官であらねばならない

 これは絶対原則であるなぜなら古来の日本国の歴史を通じて天皇陛下への上奏(=進言にはルールがあるからである。大東亜戦争時に海軍軍令部総長や陸軍参謀本部総長が行った、ルール無視の上奏(=帷幄上奏という)が軍部の暴走に拍車をかけた歴史事実を忘れてはならない

 以上が、バーク保守主義の観点に基づく「天皇陛下の公的行為」の位置づけ・解釈である。

 まとめれば、天皇陛下の国事行為以外の「公的行為」は成文法としての日本国憲法の条文からは憲法違反と言わざるを得ない

 しかしすでに戦後65年以上他国は天皇陛下を日本国の元首とみなしている既成事実日本国民が天皇陛下の公的行為を慣習・慣例として成文法である日本国憲法とともに“国法=憲法の一部として承認してきた既成事実、また、終戦後の焼け野原となった国土復興・国民激励のために昭和天皇が地方巡幸される必要があった経緯などを考えれば、バーク保守主義における“国法=憲法の定義からすれば充分に許容範囲内の行為と判断すべきと考える。

 であるから、日本国政府は、天皇陛下の「公的行為」正統性を、上記の鳩山政権の政府見解文のごとき日本国憲法の第一章の暴論極まる似非解釈によって説明するのではなく、日本国法かつ日本国の国家元首である天皇陛下皇室の地位の重要性を現実として日本国民の前で認めた上で天皇陛下の公的行為日本国法の一部である慣習・慣例に基づいた行為であるから、同様に日本国法の一部である成文法の日本国憲法に定める天皇陛下の国事行為同等の権威を持つ、正統な行為であると解釈すべきである。

 そして、このような「公的行為」としての天皇陛下の自由意思による行為第三者拡張/縮小したり、スケジュールを変更したりすること等を要請する場合に、その要請が“日本国法の下(=制限内)”で行い得るか否かの助言役は、天皇陛下のすべての行為の監督官庁である宮内庁長官であらねばならない。

 これは絶対原則である。なぜなら、古来の日本国の歴史を通じて天皇陛下への上奏(=進言にはルールがあるからである

 鳩山政権及び民主党危険性は、この天皇陛下の公的行為のルール無視にとどまらず、日本国憲法という最高法規のルールでさえ平気でねじ曲げ、無視する点にある。

 そして改革とか維新とか変革、とかchange等の言葉を天下玉条に掲げこれまで日本国が守ってきた国法としてのあらゆる伝統や慣習に根付いたルールや道徳を破壊し現政権および民主党の都合の良い制度に改造し再構築しようとする所にある

 これは、極めて危険な思想であり、危険な行為である。なぜなら、日本は、自民党の橋本行革に始まり、1990年代から改革・改革・改革・・・とずっと改革を続け、日本の古き良き制度までもことごとく破壊してきた。

 あれから、すでに20年経つがその結果日本国及び日本国民は経済的・精神的に豊かになったであろうか現実は全く逆であろう

 現在進行形のトヨタ自動車や日本航空の問題を見ただけで解るように、日本経済は不況のどん底にあり、国家・地方自治体の財政は破綻寸前の非常事態であり、国民精神は個人の権利の主張や児童の自己決定権の誤用や道徳/義務観の頽廃による凶悪事件の増加、学級崩壊や援助交際(=売春)の横行、子供の親殺し、親の子殺し等々、目も当てられない惨状である。

 日本を再生させる方法はたった一つであるバブル崩壊・ソ連崩壊以降おこなってきた間違った制度改革・変革間違った教育改革・変革全面的にストップさせることであるこれ以上のなりふり構わぬ改革・変革は日本国にとって致命的である改革を一旦ストップして破壊された日本国の古き良き伝統・慣習・制度を丁寧に復元していくことである

 改革・変革は必ず未来を明るく照らすと考えるのは未来主義・進歩主義の妄想である現実は改革・変革は概ね失敗に終わり暗黒へと転落する

 改革の最先端である革命後のソ連の惨憺たる暗黒社会を日本人は忘れたのだろうか。

 共産主義という未来主義・進歩主義の行き着いた果てはユートピアではなくレーニン/スターリンによる自国民6600万人の大虐殺のディストピアであった

 日本国に必要なことは改革・変革によって破壊された日本国の精神的支柱を再び打ち立て消えて見えなくなりつつある日本国固有の骨格を丁寧に補修修繕修復復元し、再建することである日本国民が一体となって日本国を真の姿に復元するために全力を注ぐことである私は日本国民は一端目覚めれば、必ずそれを達成できる国民であると確信しているまたこの道が経済大国日本復活の最短路である。それは、1980年代のバーク保守主義者であった英国のサッチャー首相米国のレーガン大統領の政策が証明している事実である。

 これまでは国家の指導者側がどうしようもない馬鹿や阿呆ばかりであったから

 (自民党時代も同様であるが、現在の鳩山由紀夫政権の閣僚の顔ぶれや小沢一郎などの民主党議員の知的レベル・倫理/道徳の低さというより皆無に近い様子をみれば一目瞭然であろう

 国民の側も馬鹿や阿呆の政治家らに感化されて日本国民としての存在意義や国民性や自国を誇る心や政治に対して無関心かつ無知であったから、今日、大きく混乱しているが、

 「我、日本国再建の柱とならん!とする、人徳ある知的エリートの政治指導者やその集団が出現して、国民を説得し、納得させる能力を発揮するならば日本国民は改革や変革の妄想・空想に気付き一直線に国家再建の方向に起ち上がり走り出す

 私はそのように確信している者である。


 「天皇の公的行為について」の政府見解全文は狂気の暴論である---バーク保守哲学的解説 END


スポンサーサイト

テーマ : エドマンド・バーク保守主義
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

バーク保守主義(広報部)

Author:バーク保守主義(広報部)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード