保守主義の哲学---(シリーズ最終回)小林よしのり氏の漫画『新天皇論』を検証してみよう

 読者の皆さまには、いつも〔=ブログ作成者〕の稚拙な小論をお読み頂き、深く御礼申し上げます。


 いよいよ本日、中川八洋 筑波大学名誉教授の新刊(『
小林よしのり「新天皇論」の禍毒』、オークラ出版)が出版されます。


 中川八洋 筑波大学名誉教授は、英国エドマンドバーク保守自由主義哲学正統に継承されている現代日本国における碩学中の碩学政治哲学者です。


 〔=ブログ作成者〕は、ぜひ多くの日本国民に中川八洋 先生の新刊書(『
小林よしのり「新天皇論」の禍毒』、オークラ出版)他多数の著作を読んで頂き、「真正の保守自由主義とは何か」を知り学んで頂きたいと思っております。


 
さて、逆賊・小林よしのりの漫画『新天皇論』の虚構を検証するシリーズ最終回は、前回第九回の続きとして、これまでに〔=ブログ作成者〕が触れなかった、漫画『新天皇論』の妄言暴言を幾つか抜粋して、その虚偽虚構を指摘し、封印封殺して本シリーズを終了したいと思う。


 
ゆえに、
(10最終回)天皇制廃止論者虚偽虚構言説集積箱、それが逆賊小林よしのり新天皇論』の本質である(其の二)」と題して、解説したいと思う。


 シリーズ第九回 「①日本国伝統君臣分定”を弁えぬ逆賊 小林よしのり」からの続きである。


 
②「姓」のない天皇皇室)の皇統日本国国是であり、「支那文明」とは全く異質の国体である。


 逆賊・小林よしのりは、漫画『新天皇論』で次のように嘯いている。


 『この「
シナ文明換骨奪胎説」は、わしも以前から繰り返してきた。


 だからこそ、
わしは女系天皇を公認する!


 なぜなら、「男系絶対主義」とは
シナ文明家族制度そのものであり、日本の文明でも伝統でもないからだ!』(『新天皇論』
226頁)


 
『皇室も特定の父親〔神武天皇〕の血統による親族集団である。


 そして男子の跡継ぎがいない場合は、同じ宗族内の他の家(宮家)の男子を迎える。


 女系継承認めない


 似ているのは当然で、古代日本の豪族・貴族層が一夫多妻制によってシナ文明男系主義の家族制度を輸入し、それが皇室にのみ、側室制度という一夫多妻制と共に残ったというのが天皇が「男系継承」である理由なのだ。


 「天皇の男系継承は、美しい日本の伝統・文化である」


 「男系天皇こそが日本の国体だ」とまで言う人がいるが、これはシナの風習である。


 ・・・本物の「男系絶対主義」では、たとえ男系女子だろうと、中継ぎだろうと女帝は「ニセ天皇」でしかない!


 女帝が入った時点で、皇統は断絶したことになるのだ!』(『新天皇論』
228230頁)


 →私〔=ブログ作成者〕の解説:


 ここまで馬鹿げた論理を展開されると批判するのも「うんざり」だが、妄論暴論は消し去っておく必要がある。


 
() 日本国では天地開闢以来「君臣の分定まり、「」たる皇統には「はない


 万世一系男系男子皇統は「がないという事実において「シナ文明家族制度」とは明確な一線が引かれシナの風習ではない。


 「臣」の側において、シナの家族制度の影響を全く受けなかったとまでは言い切れないが、文明間国交があれば文明間で相互影響及ぼし合うのは常識ある


 重要なのは、シナと国交が在りながら日本国の「」である皇統は、「」を持たないことによってシナ宗族制度の影響を完全に排除し、“君臣の分”を常に明確にしてきたことである。


 「姓」を持たず万世一系男系男子皇統護持継承してきた日本国朝廷と、「」を持つシナの宗族制度によって幾度も「易姓革命」が繰り返されてきた分断連続シナ王朝(最近では「支那共産党という新独裁王朝」)と比較すれば、文明の相違明白ではないか。


 北畠親房神皇正統記』に曰く、


 三韓(さんかん:新羅百濟高麗震旦(しんだん:支那)に通じてより以來(このかた)、異國の人おほく此國歸化(きくわ)して、のすゑ(=末裔)、漢のすゑ、高麗百濟(かうらいはくさい)の種、それならぬ蕃人(はんじん)の子孫(しそん)もきたりて、神皇(じんわう)の御(み)すゑ混亂(こんらん)せしによりて姓氏錄(しやうしろく)と云(いふ)(ふみ)をつくられき


 それも人民(にんみん:臣)に
とりてのことなるべし」(『神皇正統記』岩波書店、
62頁)


 
() 皇祖皇宗遺訓天皇万世一系男系男子皇統は、日本国天地開闢以来の日本の国是伝統)である。


 
逆賊小林よしのりは、


 『
「天皇の男系継承は、美しい日本の伝統・文化である」、「男系天皇こそが日本の国体だ」とまで言う人がいる


 とまで述べている


 賤しい逆賊の戯言である。


 逆賊小林よしのりの「言う人」には当然、シリーズ第九回〔=ブログ作成者〕が述べた、皇祖皇宗、『古事記』、『日本書紀』、『令義解』、『續日本紀』『神皇正統記』、幕末の山鹿素行山崎闇齋崎門の学門人と水戸の藤田東湖や越前の橋本景岳ら、松下村塾(=長門の國、松下邑の塾)の吉田松陰その門人、薩摩の西郷南洲、幕府有司の川路聖謨、朝廷縉臣の英明第一と言われた三條實萬明治の元勲井上毅・・・などの日本国碩学中碩学祖先ら含まれている。


 
逆賊小林よしのりは、これらの人物が異口同音に唱え継承してきた『天皇万世一系男系男子皇統論』がすべて誤謬であった論駁せねばならない。


 また、逆賊小林よしのりは漫画『新天皇論』の前置きである、漫画『天皇論』
375頁において次のよう嘯いている。


 『・・・元々、
天照大神は女性神である。ならば日本の天皇は女系だったと考えることができる(→)』


 さらに『新天皇論』
321322頁では、次のように続ける。


 『
正統とは、血統は天照大神血脈を受け、精神は天照大神の神意をうけたことを言うのだ!


 
田中卓先生も、重要なのは『天常無窮の神勅』であり、「吾が子孫」が国体の根本だと仰っている。


 女神である
天照大神血脈と神意を受けることが「正統」である以上、皇統から女系を排除する理由はない(→)』


 
逆賊小林よしのりは、女神である天照大神の血脈と神意を女系天皇論根拠に据え、あたかも天照大神尊重崇拝している芝居をする。


 だが、「
逆賊小林よしのり、何をかいわんや」である。


 
逆賊小林よしのりこそ、漫画『新天皇論』に描いた虚偽虚構によって多くの日本国民欺く行為をすることによって、天照大神の“三種の神器につきたる神勅(=正直慈悲智慧)”のすべてを完全無視して、天照大神最大限に冒瀆しているではないか!


 つまり、
逆賊小林よしのりとは、天照大神に対する畏怖の念天皇皇室)に対する畏敬の念日本国の祖先に対する尊崇の念かけらも抱いておらず無神論者よろしく天照大神を「女系天皇論女性天皇論」肯定のために悪用し、最終的に両者とも(→天神神道〉も皇統も両者同時に)破壊することを目的としている。


 このように分析すれば、「天照大神が女性神であるから、
日本の天皇女系だった」のような言説根拠とする「女系天皇女性天皇容認論とは、日本共産党の「コミンテルン
32年テーゼ」の「天皇制の廃止」と「政教分離を利用した神道の撲滅」を忠実踏襲した天皇制廃止運動手段に過ぎないという本質が明白になる。


 また、
天照大神の「血脈」などは、ハイエクの言う「神人同性同形論」という「デカルト的設計主義的合理主義」の思想から発している。


 『
古事記』の「上巻」や『日本書紀』の「神代」における日本神話の神々日本国天皇皇室)及び日本国民とは日本神話における“美徳の精神”・“高貴なる精神”において繋がっているのであって、物質的な直接の繋がりを持つことを意味しない


 “
日本神話”とは、日本国固有天皇皇室)と日本国民の“美徳高貴精神”の“源泉”である。


 “
天地開闢初め以来の万世一系男系男子皇統”とは、日本神話源泉とする“美徳高貴精神”を(現実の)日本国治世において最初に体現されたのが初代神武天皇であり、神武天皇以後、約二千数百年間を経て現在に至るすべての日本国民が、美徳高貴による治世体現されんとする男系男子皇統途絶えることなく護持し続けてきた歴史事実を言うのであって、このような日本神話(→後に神仏習合して仏法も加わるのだが)と皇統日本国民三位一体不変の存在価値伝統が、日本国誇るべき国体国憲国法”なのである。


 ゆえに、この
三位一体の“国体国憲国法”を変革革新革命する我々日本国民民族固有存在意義白紙となり、国民精神頽廃し、国民名誉誇り喪失した根無し草の市民為り国家廃墟と化して滅亡に至る


 ③
易姓革命」とは「ルソー主義ジャコバンフランス暴力革命」、「マルクスレーニン主義ロシア暴力革命」の代替手段としての「国体破壊革命」にすぎない。


 逆賊小林よしのりは、漫画『新天皇論』で次のように嘯いている


 『第二にこれが重要だが、日本では「姓」は天皇が下賜するものとされ、天皇には氏も姓もない


 ・・・もともと天皇に「
」はないのだから、「易姓革命」など起こらない


 まして(明治)
4年以降はすべての日本人から「姓」がなくなったのだから、なおのことである。


 ・・・それでも今なお
シナ文明の残滓でしかない「男系継承」にこだわり、とっくに日本人に「姓」はなくなっているのに、「」と「苗字」を混同してまで「易姓革命が起きるぞ!」と言っている連中の精神は「シナ文明の奴隷」みたいなものだ!』(『新天皇論』
239240頁)


 
→私〔=ブログ作成者〕の解説:


 逆賊小林よしのりは漫画『新天皇論』(
233240頁)において延々と」、「」、「苗字」の相違について語っているが、日本国皇統には「」も「」も「苗字」もないことが伝統であるから、そもそもこれらの用語の定義の説明など無用の長物であり、意味を為さない


 問題なのは、『天皇に「はないのだから、「易姓革命」など起こらない』という天皇制廃止論者詭弁である。


 〔=ブログ作成者〕は、以前に数学史上「ゼロ
0)」の概念の発見が極めて重要な発見であったことに触れた(→本シリーズ第3参照)けれども、この易姓革命の場合はゼロ(0)(1)変える(→「」から「有」)場合の方が(1)(2)に変える(→「」から「有」)場合よりもその変化の意味が重大となるケースである。


 つまり日本国皇統においては「易姓革命」という用語に「
Gの王朝Sの王朝取って代わる」という意味だけでなく、「姓無しの正統な皇統に、いかがわしい姓Kが附与される」という意味も含まれる、ということに十分に注意しなければならない


 天皇制廃止論者の唱える「女系天皇女性天皇容認論とは、この「易姓革命」に照準を絞った日本国天皇皇室)の消滅論(=国体破壊論にすぎないのである。


 さて、エドマンドバークを信奉する保守主義者である〔=ブログ作成者〕は、小林よしのり氏の漫画『新天皇論』を検証してみよう」シリーズ全
10に渡って、逆賊小林よしのりが、天皇制破壊論者である左翼極左系偽装保守系天皇皇室似非学者自称専門家門外漢論説集積して漫画として描いたにすぎない『新天皇論』の妄言暴論による虚偽虚構正面から対峙し、浅学微力ではありながらも、日本国万世一系男系男子皇統正統と、現代日本国民過去の祖先そうしたように、皇統正統世襲継承せねばならぬ義務について、読者の皆さまを含む多くの日本国民理解して頂くために、図表古典明治皇室典範などを引用しながら、〔=ブログ作成者〕なりに可能な限り解り易く解説するように心掛けて、『新天皇論』への反論反駁試みたつもりである。


 〔=ブログ作成者〕としては、逆賊小林よしのりの漫画『新天皇論』の言説ついて反駁したい点まだまだ山ほどある


 特に、臣籍降下された当時の当主を含む旧宮家嫡男系嫡出の男子子孫皇籍復帰皇位継承権の回復のための「現行・皇室典範」の早期改正(=旧典範への復元)問題と“皇族會議”ならぬ「皇室会議」の在り方及び皇室典範改正(=旧典範への復元)に係る識者会議という(自称)専門家委員会の在り方の問題については、本来、触れたかったが、時間と紙幅の都合上割愛せざるを得なかった。


 しかしながら、
2021世紀日本国におけるエドマンドバーク再来と言っても全く過言ではない碩学碩学政治哲学者である中川八洋 筑波大学名誉教授の著書『小林よしのり「新天皇論」の禍毒』が、いよいよ本日平成23630)に発売開始されるから、徹底的学術的論駁は、中川八洋先生のこの著書期待することとし、この小林よしのり氏の漫画『新天皇論』を検証してみよう」シリーズ全十回は、今回をもって終了とさせて頂きたいと思う。


 なお、最後になりましたが、


 「
小林よしのり氏の漫画『新天皇論』を検証してみよう」シリーズ最終回にあたり、シリーズ連載中を通じて〔=ブログ作成者〕のブログ読者の皆さま多くの初来訪者の皆さまが、拙ブログに興味を示してアクセス頂き、毎回お決まりの纏まりのない長文であるにも関わらず、我慢強く寛大な心で拙ブログを読み続けてくださったことが、〔=ブログ作成者〕がこのシリーズ全
10書き続けることができた大きな原動力となりました。


 また、〔=ブログ作成者〕のブログを応援して下さる真正保守
(自由)主義グループの盟友たち〔=ブログ作成者〕の稚拙なブログに対し丁寧かつ貴重な智慧コメント御教示くださった方々支えなくしてこのブログシリーズ全十回を書き終えることは出来なかったと思っております。


 上記のすべての方々に対し、深く感謝の意を表しますとともに、心より厚く御礼申し上げまして、〔=ブログ作成者〕のブログ小林よしのり氏の漫画『新天皇論』を検証してみよう」シリーズ全
10回を終了させて頂きます。


 読者の皆さま、御清聴ありがとうございました。


 なお、次回からは、ブログ内容現在の政治問題に戻して、反日極左詐欺師菅直人民主党政権批判真正保守自由主義哲学解説に努めて参る所存ですので、読者の皆様におかれましては、今後も本ブログ末永くお付き合い下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。


【平成
23630日AM2:00


祝・中川八洋『
小林よしのり「新天皇論」の禍毒』発売


エドマンド
バーク保守主義者(神戸発)  

  
スポンサーサイト

テーマ : エドマンド・バーク保守主義
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

バーク保守主義(広報部)

Author:バーク保守主義(広報部)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード