近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第五回:最終回)

image001.png 


  20世紀初頭の加藤高明と小村寿太郎の反露・親英路線が、その後の日本の外務省において伝統となった。

 

 このことが、陸軍が反英・親露に転向することによってこれに追随せざるをえなくなった1937年から1945年の8年間の中断があるが、戦後の日本の日米同盟路線の土壌ともなったのである。


 共産ロシア〔ソ連〕の対日講和三条件〔備考〕を日本政府にのませることを狙った、日本のマルクス主義の親露派の「全面講和」論を断固拒否して、外務省出身の吉田茂総理大臣がこのソ連などを除く旧・連合国とサンフランシスコ平和条約を締結する「多数講和」を強行した1951年~1952年の正しい外交選択は、加藤/小村路線の輝くような再現でもあった。


 そして、吉田茂の強い指導力による日米同盟の道が、戦後の日本の平和と経済繁栄の礎となったのである。


〔備考〕共産ロシアが絶対条件として提出した、そして朝日新聞や学会等が熱狂的に支持した、その対日講和の三条件とは次の通りである。


 ①南樺太とクリル諸島とを、ロシア領土と明記すること。


 ②日本海をロシアの内海と認めること。


 ③日本の四海峡〔根室半島を含む〕の非武装化〔=主権制限〕をすること。


(以上、中川八洋『近衛文麿とルーズヴェルト---大東亜戦争の真実』、PHP研究所、235236頁)


 (今回:最終回)→近衛文麿共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第最終回


 【上記内容に関連する小論】


 →近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第4回)


 →
近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第3回)


 
近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第2回)


 →
近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第1回) 


 →共産主義の超極悪を歴史から学ぼう


 
「フェミニズム」の禍毒---ジェンダー・フリー教育を全廃せよ!


 
「脱原発」共産革命の真実を国会で審議せよ


 
ロシアとの平和条約締結は日本国の亡国への道である


 
【バーク保守主義に関するその他の小論】


 
真正の保守主義とは何か?


 
『美徳冊子「さあ、自助の精神を取り戻そう」』


 
ルソー主義の呪縛を滅すための試書


 
美徳と叡智の実践による果実としての国家の繁栄


 
真正保守(自由)主義 政策綱領(案)


 
【バーク保守主義に関するホームページ】


 
Edmund Burke(エドマンド・バーク)の系譜

スポンサーサイト

テーマ : エドマンド・バーク保守主義
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

バーク保守主義(広報部)

Author:バーク保守主義(広報部)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード