スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保守主義の哲学‐‐‐男系男子の皇統護持こそ真正保守主義者の使命と心得よ!

 image001.png


 1.1947年に臣籍降下させられた旧皇族男系男子すべての皇籍復帰。


 
皇室典範 第152 (追加案)

 「臣籍に入った皇族の、またはその嫡男系嫡出の男子子孫の、皇族に復するに当たっては、皇族会議の議を経ることを要す。」


 
2.皇室典範改正プロセスの中で天皇陛下がご臨席される場もなく、男性皇族がご出席される場もない皇室会議を、天皇陛下親臨の皇族会議に戻すこと。


 
皇室典範(改正案)第28条(皇族会議)

 「皇族会議は、議員となる成人皇族男子全員と、第2項に掲げる皇族でない議員をもって構成する。

 2 皇族でない議員は、衆議院の議長及び副議長、内閣総理大臣、宮内庁の長官並びに最高裁判所の長たる裁判官及びその他の裁判官一人を以て、これに充てる。

 3 皇族会議の招集は天皇がこれを行う。天皇は皇族会議に親臨し、議長となる。ただし、皇族の一人に命じ議長の職を代行させることができる。」


 
3.皇室典範とは“日本国の法”かつ“皇室の家法”であり、我々国民はこれを護持する義務を有するため、皇室典範を天皇制廃止の共産革命の毒牙と国会の恣意的な干渉や介入に晒させない。


 
皇室典範第372(追加案)

 「皇室典範の条項の改正または増補に関し、憲法に定める国会の議決が必要な時は、国会に上程する前に改正案を天皇親臨の皇族会議に諮り、十分な審議を経なければならない。」


 
4.<女性天皇・女性宮家(&養子容認)・女系天皇>は三位一体の天皇制廃止共産革命であり、いずれも必ず皇統断絶に導くため、真正の日本国民は一切許容してはならず、これらすべてを排除する世襲の義務を有する。


 
(対処方策)刑法に旧・刑法 不敬罪条項4ヶ条の復活)

 第73条 天皇、太皇太后、皇太后、皇后、皇太子または皇太孫に対し、危害を加へまたは加へんとしたる者は死刑に処す。

 第74条 天皇、太皇太后、皇太后、皇后、皇太子または皇太孫に対し、不敬の行為ありたる者は、三月以上五年以下の懲役に処す。神宮または皇陵に対し不敬の行為ありたる者また同じ。

  第75条 皇族に対し危害を加へたる者は死刑に処し、危害を加へんとしたる者は無期懲役に処す。

 第76条 皇族に対し不敬の行為ありたる者は、二月以上四年以下の懲役に処す。


 
5.男女共同参画基本法の即刻廃止。内閣府「男女共同参画局」の廃止。


 6.天皇が国民のために祈る祭祀は、日本国古来からの伝統であり、天皇の属性であるため、憲法より上位の“国法”であるため、憲法第
20条の「政教分離」規定の適用除外とすること。


 7.堂上公家を制度として復活させること。宮内庁長官/次長/書陵部長を「公家」とすること。


 以 上。

 


 伝統の継承者として、これを守り続ける責任に深く思いを致し、更に日々新たになる日本と世界の中にあって、日本の皇室が、いかに伝統を現代に生かし、いきいきとして社会に内在し人々の期待に応えていくかを考えつつ、今日に至っています。


 ≪天皇の務めとして、
何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが、同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ちその声に耳を傾け思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。≫


 ≪地域を愛し、その共同体を地道に支える市井の人々のあることを私に認識させ、私がこの認識をもって、
天皇として大切な国民を思い国民のために祈るという務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得た


 ≪天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を
限りなく縮小していくことには無理があろうと思われます。≫


 ≪天皇が未成年であったり、重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には、天皇の行為を代行する
摂政を置くことも考えられます。しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。≫


 ≪
残される家族非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが、胸に去来する≫


 
我が国長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく安定的に続いていくことひとえに念じ


 * 真正の日本国民は、天皇陛下の御言葉全文を、“皇統(男系男子天皇の伝統)の安定的な永続”の危機に対する、深い憂慮の念の表明として、正しく承るべきであろう。


 * 本ブログの記事内容は、天皇(皇室)・皇統に日本一精通(他者の追随を全く許さず。)しておられる中川八洋 筑波大学名誉教授の著書『皇統断絶』、『女性天皇は皇室廃絶』、『悠仁天皇と皇室典範』、『小林よしのり「新天皇論」の禍毒』、『皇室消滅』、その他を精読・暗唱の上、記述しているものであることを申し添えておく。


 * なお、万が一安倍晋三内閣が「有識者会議」を設置するにあたり、そのメンバーから、日本国で最も皇統・皇位継承法に精通されている中川八洋 筑波大学教授を外すような
ことがあれば、私は、安倍晋三内閣を反日国賊内閣として打倒する言論運動を起こす指令を、全国の真正保守(自由)主義グループのメンバーに向けて発するつもりである。


 ☆☆☆☆☆


 
叡知の宝庫【中川八洋掲示板】は必ず読みましょう!


 →
中川八洋掲示 


 
〔=ブログ作成者〕のホームページ】(も、まだ読んでない方は読んでみてね!読者の皆様ご自身の生き方を考えるのにも、たいへん参考になる内容を記載しているつもりですので。)


 →
 日本国を自壊に導く邪悪教義・日本フェミニズムを粉砕しよう! 


 
『見えざる目的』 


 
自由主義の反撃 


 
『美徳冊子「さあ、自助の精神を取り戻そう」』 


 
日本国民の品性は蘇生できるか? 


 
美徳ある自由を生きましょう! 


 
日本国(皇統・国民)と大和心の起源を正しく知ろう! 


 
真正の保守主義とは何か? 


 
エドマンド・バーク「義務について」 


 
“真正の狂人”J・J・ルソー主義の呪縛を滅すための試書 


 
凶悪の「死の宗教」共産主義の人間虐殺の歴史を学べ! 


 
人間呪詛の猛毒フェミニズム思想・制度を即刻消去せよ! 


 
ロシアとの平和条約締結は日本国の亡国への道である 


 
(経済)ナショナリストを自称する国家官僚、中野剛志の思想の害毒 


 
近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第一回) 


 
近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第二回) 


 
近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第三回) 


 
近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第四回) 


 
近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第五回:最終回) 


 
近衛文麿【共産主義政権】が主導した大東亜戦争の真実(第六回:補足回) 


 
My Home Page


 
Burke revival エドマンド・バークの系譜 


 以 上。

スポンサーサイト
プロフィール

バーク保守主義(広報部)

Author:バーク保守主義(広報部)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。