自殺者が急増・生きることの意味とは何か‐‐‐エドマンド・バーク保守主義者からの手紙

 2009年9月11日の新聞で、「自殺増 歯止めかからず」という記事を読んだ。全国的に自殺者は過去最悪に迫るペースで増えており、警察庁によると、全国の自殺者は11年連続で3万人を超えているという。ということは、11年間で33万人以上の国民が自殺したことになる。極めて悲しむべきことである。自殺者に対しては改めて追悼の念を捧げたい。

 という私も実は、過去に自殺を考えたことがある人間である。心療内科に通ったことのある、心の弱かった人間である。

 しかし、心療内科に通院中(職場は休職していた)に偶然にも、中川八洋 筑波大学名誉教授エドマンド・バーク保守主義の著作群に出会い、自分が生きることの意味の土台をバーク保守主義に据えることで、今ではすっかり元気になった。というより、最高度に自信を持って生きている。中川先生には心より感謝している、バーク保守主義信奉者である。だからこそ、多くの国民にバーク保守主義を知ってもらいたいのである。

 ここでは、私の経験とバーク保守主義を織り交ぜながら、「自殺」を考える(考えている)人々に少しでも役立つ(かどうか分らないが)アドバイスができればと思い、本稿を書くに至った。

 まず、「自殺」を選択しようとする根本原因は、大部分の人間において「生きていることへの絶望感」である。これは自殺原因の公理と言ってよい。

 そして、その絶望感と「自殺」への過程とは、

 ① 自分が生きていることの“価値”が分らなくなる。

 ②自分が“何のため”に生きている(現在)のか、生きてきた(過去)のか、が分らなくなる。

 ③自分が生きていることは“苦痛”でしかなく、この“苦痛”から解放されたい。

 ④この“苦痛”から解放される方法は何か。

 ⑤生きていることをやめること=「自殺」すること。

 である。

 「自殺」を防止するには、まず、上記①から③までが、すべて誤りであることに気付くことであるが、この時点まで陥った人は、それを誤りだと判断できない、いわゆる精神疾患の状態にあるので、誤りに気付くことが不可能である。

 であるから、まずこれらの人には、上記①②③が誤りであり、これを取り除いてあげる必要がある。つまり、誤りであると気付かせてあげる必要がある。 


① 「自分が生きていることの“価値”が分らなくなる。」について。

 「自分が生きていることの“価値”」とは「自分が生きていることそれ自体」であるから、考える必要など無いのです。これは、“コモン・ロー”の法理であって、コモン・ローによって擁護されている最高の価値なのです。エドワード・コークのコモン・ローとは、以下のように定義されるからです。

 “コモン・ロー”とは、「①マグマ・カルタに遡る古来からの諸制定法(成文法・人定法)の一群、②古来からの民事・刑事訴訟における判例等の一群、③古来からの慣習、これら①②③のうち、英国臣民の私有財産、生命、自由及び(自由とコインの裏表である)道徳(=正義・善悪の基準)を擁護してきたものの神聖な総体」である。

 そして、コモン・ローは過去にとどまるだけのものではない。これらのコモン・ローの中から“発見された”、上記の定義を満たす“新しい法”もまた、“コモン・ローの一部”となって加わって行くのである。

もっと噛み砕けば、「英国の過去数百年間のすべての祖先たちが、叡智を積み重ね、子孫へ世襲(相続)してきた、成文制定法、民事・刑事訴訟における判例および慣習のうち、英国臣民の私有財産、生命、自由及び道徳を擁護するものとして、取捨選択され、現在まで遺ってきたものの神聖な総体」とでも言うべきものである。

これは、英国においての定義であるが、日本においても英国を日本国に、マグナ・カルタを聖徳太子の「十七条憲法」などに、過去数百年を過去二千年に置き換えれば、全く同様に、いや、英国以上に日本に適用できる定義である。

 

 もし、これまで自分が生きている“価値”だと思っていたもの、例えば「家族、友人、恋人、仕事、名誉、財産、金品、権力、地位、・・・・」などは「自分が生きていること(生命)、という最大の価値基盤」の上に「自分が創造した価値」であることに気付くでしょう。

 これらのうち、「自分が創造した価値」が失われた場合、“極めて大きな苦しみと悲しみ”を伴いますが、「自分が生きていること、という最大の価値基盤」は失われたわけではありません。

 この基盤的な根本価値である「自分が生きていること(生命)」は、コモン・ローが常に擁護しますから、上記の自分が創造した価値」を喪失した“極めて大きな苦しみと悲しみ”を乗り越えることができれば、新たな自分の価値を創造できるという希望を持つことが必要です。


②「自分が“何のため”に生きている(現在)のか、生きてきた(過去)のか、が分らなくなる。」について。

 それでは、「自分が生きていること(生命)」自体がなぜ最大の根本的価値基盤なのでしょうか。

 現在では、「自由主義国」の多くにおいては、「私有財産」、「生命(安全)」、「自由(及び道徳)」は生まれながらにしてその国の国民に擁護されている、当然の「国民の権利」と皆さんは考えています。

 しかし、長い過去の歴史においては、この当然の権利が、“当然”ではなかったのです。いや、むしろ圧殺されてきた国が多いのです。そこには、これらの権利を擁護する「自由主義(保守主義)」とこれらの権利を圧殺する「全体主義(社会主義/共産主義)」との長い、長い戦いの歴史があったのです。

 日本も先の大東亜戦争では、この「全体主義国」の仲間入りをして、「自由主義国」である英米と戦争を行ったことは事実です。このことは大いに反省しなければなりません。

 しかし、昭和天皇は最後の最後まで対英米戦争には反対の御聖慮をされていた事実も決して忘れてはいけません。

 昭和天皇の御聖慮を無視して、対米戦争に踏み切る決断をしたのは、当時の近衛文麿元首相、東條英機首相などの政府首脳と帝国陸海軍の将官たちであったのが歴史事実です。この点については、私のホーム・ページに詳しく記しています。

 しかし、幸いにも、敗戦後の占領国が「自由主義国」の米国であったため、戦後、日本では現在までは、これらの権利が擁護されているのです。これは、非常に不完全な形ではあるけれども、日本国憲法に日本国のコモン・ローの一部が組み込まれている成果なのです。

 少し、余談が長くなりましたが、結論としては、「自分が生きていることが当然の権利であるのは、長い過去の歴史の中で祖先がそれを「当然の権利」とするために、統治者と交渉し、時には戦い、それを統治者に承認してもらうことに成功した成果なのであって、またそれを祖先が子孫へ世襲(相続)してきた「重厚な世襲の権利」だからなのです。

 ですら、②も①と同じで、「何のために生きているのか(現在)」「何のために生きてきたのか(過去)」と考えるのではなくて、自分は現在、祖先の血のにじむ努力のおかげで、その世襲のおかげで「生きていられる」のだから、自分は「未来の子孫のために何を遺す(相続する)ために生きようか」と未来へ向けて考えることが重要です。


「③自分が生きていることは“苦痛”でしかなく、この“苦痛”から解放されたい。」

「④この“苦痛”から解放される方法は何か。」

③、④について

 上記の①②がなんとなくでも、理解できた人は③の“苦痛”は少しでも和らぐでしょう。はっきり理解できた人は、③の“苦痛”は消滅するでしょう。

 しかし、上記①②を聞いても、まだ、「生きていることが苦痛である人」は、その苦痛を取り除く方法を考えなければなりません。以下にその方法の一部を紹介します。これがすべてでは決してありません。

 (A) まず、自分にとって「何が苦痛なのか」を明確につかむ必要があります。この方法には、

 ㋑心療内科(昔は精神病院だとか精神科と呼ばれていたので他人への対面上、行きにくいものであったが、最近は多くの人が気軽に足を運んでいるの医者に相談する方法があります。心療内科(クリニック)の医師は悩み相談のプロですから、気軽な気持ちで一度足を運んでみるべきです。また、心療内科でも医師と自分の相性の関係が重要ですので、医師が自分に合わないと思えば、別のところにも足を運んでみましょう。心の悩みを持って苦しむことは恥ずかしいことではありません。まさしく人間たるゆえんです。現在の日本のように道徳性破綻寸前の国家の中で、真面目に生きれば生きるほど心の悩みは増加するのです。当たり前です。現在の日本国の不道徳的状況下において、程度の差こそあれ、悩みを持たない人の方が、逆に異常でしょう。

 ㋺行政機関(県や市)にも悩み相談窓口がありますので、積極的に利用すべきです。ここにも必ず、専属の心理カウンセラーがいますので、気軽に電話してみるなり、足を運んでみるなり、してみるべきだと思います。

 ㋩“苦痛”には、「経済苦」、「家庭問題」、「職場問題」、「精神疾患」などが、あると言われますが、「生きていることを苦痛」と感じる人は、必ず精神的に疲労困憊(こんぱい)しており、多かれ少なかれ何らかの精神疾患を抱えているので、必ず上記㋑又は㋺を気軽に実行することを推奨します。ただし、「多重債務」など、明らかに「経済苦」が原因であると分っている人は、上記㋑又は㋺を実行したうえで、㋑又は㋺の指示に従って、「弁護士」や「民間支援団体」へも足を運んでみてもよいであろう。(ただし、その場合下記⑥に示す注意事項を守ること

(B)“苦痛”が明確になったら、心療内科の医師など、上記㋑㋺㋩の協力者と一緒に、「自殺」以外の方法で「“苦痛”を取り除く方法」を見つけ出しましょう。

 “コモン・ロー”は上記の定義のとおり、国民の「生命」「私有財産」「自由(道徳)」を擁護する「国民の生得の権利そのもの」であり、「国民が求めることのできる最も確かな安全域であり、また、最も弱き人々を保護する最強の要塞」である(エドワード・コーク『英国法提要』)。

 現日本国憲法は全く不十分であるが、曲がりなりにもこの“コモン・ロー”のほんの一部を取り込んでいるので、国民の「生命」「私有財産」「自由(道徳)」を擁護している。しかし、自由とコインの裏表の道徳は、ほぼ消え去りかけている。これが、自殺者が絶えないことの、主要な社会的原因ではなかろうか?。


⑤生きていることをやめること=「自殺」すること。

 以上①から④まで、私が示したようにしてみてもやっぱり、「自殺」という方法しか「“苦痛”からの解放」の解決策(方法)が見つからない人。

 あなたは、「自殺」しても良い。しかし条件付きである。条件とは「自殺」の時期を必ず、「半年後以降に設定する」こと。そして半年後以降の最初のあなたの「誕生日」に設定すること。条件はこれだけ。わたしが、なぜ「半年後以降の誕生日」としたかは、あなた自身がよく考えてみなさい。そして「その日」がくるまでは、上記①から④を絶え間なく試み続けなさい。そして「その日=あなたの誕生日」が来た時、もう一度だけ考えてみよ。「今日自殺すべきか」、「次の誕生日まで延期するか」を。

 そして、「やっぱり、今日自殺すべき」と判断した人は、実行するしかない「次の誕生日まで延期」と考えられた人は、生きる希望が見つかりかけている。必ず前に向かって進める。自分を信じよう。


⑥最後に注意事項を列挙しておく。これは、現在苦しんでいるあなたが、「間違った行動をしてさらに苦しみが増してしまうことが無いようにするため」の注意事項であるので必ず読んで守ること。

 ㋑心療内科(クリニック)、行政機関の相談窓口はほぼ間違いなく安全であるが、「弁護士」「民間支援団体」への相談は細心の注意が必要である。「悪徳弁護士ある種のイデオロギー的「市民団体」多く存在するからである。特に「人権派弁護士」というものは、私はお勧めしない。

 ㋺上記のどの機関(心療内科、行政機関でも)へ相談に行くときも、必ず「悩んでいる本人独りで行かない」こと。必ず親や兄弟、妻、夫(左記がいない人は、信頼できる友人でもよい)などの信頼でき、自分のことを良く理解してくれる人に「同伴してもらう」こと。必ず二人以上で行くことである。なぜなら、当の本人は精神的に疲労困憊しているので、上記機関の医師や職員のアドバイスを正常に理解できない可能性があるからである。同伴者が、一緒に聞いて理解する必要がある。

 ㋩「占い」「霊感・霊能者」「催眠術・催眠療法」「インターネット上の自殺サイト等には一切手を出さないこと。これ以上に怪しげな人間はこの世にいないと思いなさい。手を出すと百害あって一利なしである。これらの類は、あなたの自殺を早めることに貢献するだろう。

 ㊁宗教団体について

 宗教団体については上記㋩ほどに絶対禁止とは言わないが、あまり私は推奨できない。もちろん既に信仰し、加入している宗教団体がある場合は別である。現代には実に様々な新興カルト宗教が跋扈しており、極端にいえば、オウム真理教のような宗教もある。そのような多くの宗教の中から正常な宗教を選択することは健常者でも困難である。いわんや、精神的疾患者をや、である。

 ㋭最後に一言---「自殺」を考える(考えている)人へのメッセージ

 あなたは、人間を「」と考えていますか?もし、そう考えているなら、哲学的にいえば、それを「唯物論・無神論」などと言います。もし、「唯物論・無神論」が正しい(真理である)ならば、あなたは「生きることをやめること(自殺)」によってあなたの「苦痛」は消え去るでしょう。

 しかし、「唯物論・無神論」が間違っている(誤謬である)とすれば、つまり、人間が身体)とは別に「魂とか霊魂」といわれる何かを持っているとすれば、あなたの“苦痛”は、おそらく、身体(物)の方ではなくて心(魂とか霊魂といわれる何か)のほうに抱えているのでしょう。

 であるならば、「自殺」して身体(物)の方を消滅させても、心(魂とか霊魂)にくっついている“苦痛”はあの世へそのまま一緒に持っていくということになりませんか?。それは、永遠の苦しみとなると思いませんか?。(ここでは、魂や霊魂があるとすれば、あの世もあるだろう、という仮定に基づいて話しています。)

 あなは、どちらが真理(正しい事実)だ思いますか?ちなみにこの問題は哲学の大テーマの一つですが、結論は出ていません。なぜなら、それは死んだ人しか絶対分らないからです。

 さらに言えばこの問題のさらに根底にある、デカルトに始まる「主観・客観論争」が、「自由主義」VS「全体主義(平等主義)」の大問題に発展した、と言っても過言ではないのです。


 以上、ささやかながら、自殺増の歯止めになればと思い、寄稿します。

 「自殺」を考える人々へ‐‐‐エドマンド・バーク保守主義者からの手紙     END 

 最後に、保守主義の哲学シリーズ‐‐‐ベンサムの「最大多数の最大幸福の悪意について」は、現在論考中です。ベンサムは英国型社会主義・全体主義“怪物”ですので、現在、彼の「憲法・国体理論」をバーク保守主義理論バジョットの『英国憲政論』参考にしながら)で“根底から叩きのめす”努力をしています。そのために、彼の著作『政府論断章』『憲法典』『憲法典に先行する第一諸原理』の理論を徹底的に解読し、論理の矛盾・誤謬を洗い出していますので、もうしばらくお待ちください。大方のめどは立ってきました。結論だけ言うと、彼の「最大多数の最大幸福理論論理矛盾と誤謬の産物である」ということです。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

バーク保守主義(広報部)

Author:バーク保守主義(広報部)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード