スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保守主義の哲学---保守主義(哲学)の神髄---7/11参議院選挙投票日までに必読の政治哲学(13)

―――――――エドマンド・バーク保守主義―――――――

―――――保守主義哲学の神髄―――――

極左政党民主党」の本性

それでも皆さんは参議院選挙で民主党に投票しますか

――711参議院選挙投票日までに必読の政治哲学(13)――

――――――――――――――――――――――――――――

 ――――――――――

 ● 人種差別撤廃条約でも人種差別でないと明言されている、「国籍の有無による国民の権利の有無の差別区別)」が日本国では人種差別と虚偽がプロパガンダされ日本国民の存在意義を消そうとする社会主義思想の蔓延

 →私の解説民主党卑劣卑怯はこのマニフェストの中で、「在位日外国人地方参政権付与法案」、「夫婦親子別姓法案および民法戸籍法改正法案」、「人権擁護法案」の三つの教条的マルクス主義法案共産革命推進法)の取り扱いについて一切記載していないことにある。

 卑怯の極みであり、この三法案の隠蔽自体が「民主党は国民を欺くルソー主義マルクスレーニン主義を信奉する凶悪な社会主義政党」であることの証左である。

 ――――――――――

 ● 政治家は自分の母や土建会社からの献金を経理は秘書がやったので自分は知らないで済まされるという無法無責任無道徳の極み@自民党・社民党・共産党・国民新党そしてとりわけ民主党の政治家は、次の有名な『カトーの書簡』を拳々服膺すべきである。

 【カトーの書簡ここから)】

 「代議士が、(自分を除いて、自分に)権限を委譲した人びとの利益のために行動することによって自らの利益のために行動するとき(=自分自身を除くすべての他者の利益のために行動した結果が自らの利益にもなるように行動するとき)、

 自らとその子孫も服従しなければならない法を除いていかなる法も制定しない(=立法しない)とき(=祖先から現世代が引き継ぎ、子孫もそれを引き継ぐべき“国法”に起源としない、いかなる立法=法律の制定も行なわないとき)、

 支払わねばならない金銭以外いかなる金銭も与えないとき(=徴税による歳入以上の歳出を行なわないとき、すなわち多額の借金をしてまで不必要な歳出を行なわないとき)、

 同国人と同様に自分自身の身に降りかからなければならない迷惑以外いかなる迷惑もかけないとき(=緊急事態が発生した時など、代議士がやむをえず国民に迷惑をかけることが避けられない状況下においても、国民にかける迷惑が代議士自身に降りかかる迷惑以上に過大にならないように配慮するとき)、

 有権者たちは立派な法(=立法)、大きな倹約、そして迷惑からの解放を期待できるかもしれない」

 【カトーの書簡ここまで)】

 政治家無道徳、例えば、昔は「記憶にございません」、現在は、母親から毎月数千万円の小遣いをもらっておきながら「知りませんでした」、大手ゼネコンから多額の政治献金定期的に受け取っておきながら、いやもっと悪質で、「政治献金しなければ仕事はやらない」と企業を恫喝しておきながら「経理は秘書が担当しており私はノータッチだったので一切知りませんでした」などの詭弁で、検察に起訴もされずに事件が抹殺されていくような無法無道徳は、永田町の外にあるわれわれの一般社会では到底あり得ない非常識であるこの非常識が永田町では常識であるから始末が悪い

 このように、本来は国民の道徳的模範たるべき政治家の、今日のような道徳的頽廃は、見るに堪えない惨憺たる状況であり、このような政治家の悪態に対しては、はっきりと道徳的に悪徳であるときちんと正しておかなければ日本国の将来を担う子どもたちに極めて悪い影響を及ぼすのは必定である

 よって、この10ヶ月間の鳩山政権閣僚民主党議員無道徳無責任悪徳について、私が記憶するほんの一部だけを、ここに列挙しておく。

 参議院選挙投票行動参考のため、読者の皆さんも思い出しておいて欲しい

 ① 長妻昭厚労相は、2007630日に安倍内閣が成立させた社会保険庁改革関連法案の予定にしたがって、20101月に社会保険庁の後継組織「日本年金機構」を発足させる方針を固めた。この社会保険庁改革関連法案は野党時代の長妻が「年金責任逃げ切り法案だ」と強く批判していた法案。読売新聞. (2009-09-29)

 ② 川端達夫文部科学相が「ニューハーフショーパブ」「キャバクラ」などの店への支払いに、数年間にわたり政治資金から114万円を支出していたことが発覚した」毎日新聞. (2009-09-30)、毎日新聞. (2009-09-30)

 ③ 『川端達夫文部科学相ら民主党の5議員の政治団体が政治資金収支報告書でキャバクラやニューハーフショーパブへの支払い代金(5年間で計500万円以上)を政治活動費として計上していた問題について、平野博文官房長官は記者会見で「適切か不適切かは国民の皆さんが判断されることだと思う」と見解を述べた。』“民主政治活動費:キャバクラ支出「国民が判断」官房長官” 毎日新聞. (2009-09-30)

 ④ 政府、普天間合意容認へ=「公約は時間で変わる」-鳩山首相『政府は7日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)をキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移設する自民党政権下での米国政府との合意を容認する方針を固めた』2009/10/08鳩山首相発言(→であるから、今回の参議院選の民主党マニフェスト誰も信用できないし、信用して読むだけでも時間の無駄である真正の日本国民は選挙区でも比例区でも、「嘘つき民主党に一票も入れてはならない

 ――――――――――

 ⑤ 『(記者質問)過去の歴史問題に対する鳩山首相の具体的な構想を聞きたい。李大統領が、日韓併合100年を迎える来年の天皇訪韓を招請したが、その実現の可能性はあるのか。在日韓国人の地方参政権問題に対する見解は?

 鳩山首相の見解「歴史に対して前向きに常に正しく歴史を見つめる勇気を持たなければならないと、私は常に申し上げてきた。そのことを新しい政権の中でも大変重要な考えで位置づけていきたい。

 かつてのいわゆる村山談話”の思いを、政府が、国民が重要な考え方と理解することがまず重要なことだ。日韓関係のことなので、ややもすると感情的になりやすい部分をおさえていかなければいけないので、国民の理解を得るためには若干の時間がかかる。

 在日韓国人の地方参政権問題もその中に入っている議論だ。個人的な考えはすでに知っているかもしれないが、私はこの問題に対して前向きに結論を出していきたいと考えている。

 これも国民の皆様の情緒と感情が統一されていない。これから、しっかりと内閣としても議論を重ねて政府として結論を見いだしていきたいと思っている。これについても時間というファクターを理解いただきたい。

 天皇陛下の訪韓については、天皇陛下ご自身も強く(訪韓したいという)そういう考えを持っておられると理解している。ご高齢ということや日程のこともあり、総理大臣がこのことに対してどこまでかかわれるかという問題もある。私としてはこれ以上のことを話せないが、李大統領からそのように示唆してくれたことに関しては感謝する

 簡単に『わかりました』といま話せない環境というものもぜひ容赦してほしい」

 →歴史偽造大国韓国大統領から、日本国の天皇陛下に対して「天皇に謝罪に来させろ」と命令されて「そのように示唆してくれたことに感謝する」とは何たることか。一体どこの国の首相なのか。「精神的に正常ではない」と私はその時思ったが、その後の普天間基地問題の迷走で、すべての日本国民がそう感じたのではないか。

 ――――――――――

 ⑥ 菅直人副総理は、NHK『クローズアップ現代』 で、官僚主体政治からの脱却を説明する流れの際、立法と行政の分権が損なわれることにならないかとの主旨の質問に対し、『三権分立は憲法の規定に無い』『(明治憲法下での天皇の統帥権を引き合いに出しながら)総理に全て(=3権)の権力が集中するのが当たり前である』と説明した。(2009.10.15

 →いくら、理系とは言え、ここまでくると、無知と愚鈍の領域をはるかに超越している。この人間が現在の日本国の総理であるとは、何と恥ずかしいことではないか。 

 ――――――――――

 私事で申し訳ないが、この続きは、今晩20時から21時頃より掲載します。

20100706ブログ掲載】


 保守主義の哲学---保守主義(哲学)の神髄---711参議院選挙投票日までに必読の政治哲学(14)へ続く

スポンサーサイト

テーマ : エドマンド・バーク保守主義
ジャンル : 政治・経済

コメント

Secret

プロフィール

バーク保守主義(広報部)

Author:バーク保守主義(広報部)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。