保守主義の哲学---ホイッグ主義の蘇生による社会主義の撃退が日本救国の道である(18)

 沖縄県社会主義汚染から守ろう運動

 
 
 沖縄県
の“自由”の守護は、一直線に日本国本土の“自由”の守護繋がっている

 

 読者の皆様
そして、このブログページに初めて御来訪の皆様へ。

 

 
20101128日投開票の沖縄県知事選は、激戦の模様である。

 

 しかしながら、沖縄県民が今後、「隷属の平和」ではなく“自由ある平和”を享受できるようにするためには、無所属現職の仲井真弘多氏を支持する以外に選択肢はない

 

 敵
は、正真正銘共産主義者であり、必ずや沖縄県民極めて不幸な未来もたらすにちがいない人物だからである。

 

 保守主義の父
エドマンドバーク信奉する保守主義者である〔=ブログ作成者〕は出来る限り多くの沖縄県民が、以下のブログ読んでから投票に行って頂けるように祈るばかりである。

 

 また、本土の日本国民で、まず次のブログを読んで頂いた後、〔=ブログ作成者〕のブログの主旨賛同頂ける方は出来る限り速やかににかつ沖縄県全島全域に本ブログを伝達する御協力を賜りますよう、よろしく願いしたいと思う

 

 ブログ:
20101128日投開票の沖縄県知事選は沖縄の将来を決める天王山である 



2010
1120日(土)

エドマンドバーク保守主義者(神戸発)


スポンサーサイト

テーマ : エドマンド・バーク保守主義
ジャンル : 政治・経済

コメント

Secret

プロフィール

バーク保守主義(広報部)

Author:バーク保守主義(広報部)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード