保守主義の哲学---現行の「計画停電」をより上手く運用するための提案としての“ルール停電”の概念について

 はじめに、


 エドマンド
バーク保守主義者である〔=ブログ作成者〕は、東日本大震災の被災地の惨状及び被災者の皆さまの悲痛と苦悩に対し、深く哀悼の意を表するものであります。


 なお、読者の皆さまには、いつも私の稚拙な小論文をお読み頂き、心より御礼申し上げます。


 さて、日本国政府及び東京電力が「計画停電」を実施していますが、なかなか上手く「計画」が機能せず苦慮されているように見える。


 現在実施されている「計画停電」について〔=ブログ作成者〕が知り得る情報をもとに考察する限り、その根本的な原因は、日本国政府及び東京電力が、自由主義国家社会)で機能しうる“抽象的な行動のルール”と社会主義的な「統制計画」の概念を「混同」していることにあるのではないかと思われる。


 これをなんとか改善できないかと思い、小論を展開してみたので、興味のある方は参考程度に読んで頂きたい。


 今回はあまり面白いという話題は少ないかもしれないが。


 →
HPへ:現行の「計画停電」をより上手く運用するための提案としての“ルール停電”の概念について 


【平成
23318日】


エドマンド
バーク保守主義者(神戸発)
 

  
スポンサーサイト

テーマ : エドマンド・バーク保守主義
ジャンル : 政治・経済

コメント

Secret

プロフィール

バーク保守主義(広報部)

Author:バーク保守主義(広報部)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード