保守主義の哲学---そもそも、国旗も国歌も大嫌いの「反日/マルクス」主義者に日本国が救えるのか?

 はじめに、


 エドマンドバークを信奉する保守主義者である〔=ブログ作成者〕は一人の日本国民として、


 不幸にして東日本大震災の犠牲になられた方々に深く哀悼の意を表するとともに、被災された皆さまには心よりお見舞い申しあげるとともに、地震・津波による被災地の救援活動と原発事故という難題処理に携わるすべての人びとに深く敬意と謝意を捧げたいと思います。


 なお、読者の皆さまには、いつも〔=ブログ作成者〕の稚拙な小論をお読み頂き、深く御礼申し上げます。


 さて、大震災と原発事故が発生してから約
2週間が経過した。


 私
〔=ブログ作成者〕は、この
2週間、日本国政府批判はせずに、状況の推移を見ながら「子ども手当予算の休止とその災害対策予備費への転用」や「ルール停電」などを提案をしてきた。


 しかしながら、この
2週間の菅直人民主党政権


 「果てしない無能」、


 「無能であるくせに、有能な外国の援助支援部隊の受け入れを拒絶するという果てしない暗愚」、


 この期に及んで未だに「子ども手当支給にこだわり続ける狂気」、


 「日本国史上未曽有の原発事故に対し自己犠牲美徳任務を果たそうとする勇者たちへの命令主義的非人間的暴言を吐く横暴さ」、


 「どさくさに紛れて仙石馬淵を政府への復帰させる」など、


 他にも挙げればきりがないが、これらの所業を見て「この政党は正真正銘のダメ政党だ
!!」と思ったのは〔=ブログ作成者〕だけであろうか?


 実際にも欧米諸国は既に日本国政府(=民主党政府)が記者発表・記者会見して述べる原発事故に関する対外向けの「情報発信の遅さ情報の意味の曖昧さ」ゆえに混乱し、嫌気がさし、憤怒して日本国政府をほとんど信用しなくなってしまった。(→特に米国の新聞などを読めば、明白である)


 しかし、そもそも論として、常時でさえ国旗日章旗国歌君が代大嫌いの「反日マルクス主義者集団日本国日本国民救うことなどできるのだろうか?


 この問いは極めて重要な意味を含んでおり、「この問いに何らかの解決策を与えられるか否か」が今まさに、巷で問われ始めていることも事実である。


 しかし、今回のブログではこの問題については触れず、この
2週間の民主党政府の「無能」と「傲慢」と「どさくさ紛れの暴挙」を列記し、〔=ブログ作成者〕のショートコメントを加えておく。


 ◆―――――◆


 「一体どうなっているんだ。連絡遅い」首相、東電本社で激怒
2011.3.15 08:24 産経新聞)


 菅直人首相は15日午前、東京・内幸町の東京電力本社を訪ね、福島第1原発の爆発事故の連絡が遅れたことについて「一体どうなっているんだ」と強く批判した。自身を本部長として設置した政府と東電との統合本部であいさつした。


 首相は「テレビで爆発が放映されているのに、首相官邸には1時間くらい連絡がなかった」と東電の対応に苦言を示した。さらに「撤退などあり得ない覚悟を決めてほしい撤退したときには東電は100%つぶれる」と厳命した。


 ◆―――――◆


 →〔=ブログ作成者〕のコメントあなた方が早急に首相官邸から撤退する覚悟を決めなさい。撤退しない時には・・・壊滅するだろう。


 ◆―――――◆


 「最悪なら東日本つぶれる」=専門家自任、笹森氏に明かす-菅首相(
2011/03/16-22:12 時事ドットコム)


 「最悪の事態になったときは東日本がつぶれることも想定しなければならない」。菅直人首相は16日夜、東京電力福島第1原発の事故をめぐり、首相官邸で会った笹森清内閣特別顧問にこう語った。放射性物質の飛散により、広大な地域でさまざまな影響が出かねないとの危機意識を示したとみられる。


 笹森氏によると、首相は「僕はものすごく原子力に詳しいんだ」と専門家を自認。東電の対応について「そういうこと(最悪の事態)に対する危機感が非常に薄い」と批判し、「この問題に詳しいので、余計に危機感を持って対応してほしいということで(15日早朝に)東電に乗り込んだ」と続けた。


 ◆―――――◆


 →〔=ブログ作成者〕のコメント:一国のリーダーが「東日本がつぶれる」などとよくも発言できたものだ。あなたは、「政治家の資質」についてもかなり詳しいように見うけられる。


 ◆―――――◆


 佐々淳行
氏「迅速な要請すべきだった、政府の統治能力欠如」 原発放水(
2011.3.18 13:10 同)


 「東京消防庁は毒ガスや放射線にも対応できる高圧放水車や化学防護車を持っていて、陸上自衛隊警視庁よりも優れた性能を備えている。なぜ、政府は真っ先に東京消防庁に要請しなかったのか。危機管理能力がゼロとしか言えない。


 またカナダには高性能な化学消防艇があるので、世界各国に協力を呼び掛けて日本へ集結させるべきだ。これは危機管理の問題でなく、政府に統治能力が欠如している『管理危機』の問題だ」


 ◆―――――◆


 →〔=ブログ作成者〕のコメント東京消防庁陸上自衛隊警視庁など展開する部隊が勇者であっても、最高司令官が愚将山本五十六では話にならない


 ◆―――――◆


 EU
、核専門家の派遣を用意(
2011.3.19 18:47 同)


 欧州連合(EU)のシュバイスグート駐日代表部大使は19日、福島第1原発事故への対応支援のため、EUから核問題の専門家を日本に派遣する用意があると述べた。都内で共同通信の取材に答えた。


 大使は、同事故について日本側から「毎日説明を受けているが、誰も現状をはっきり把握できていない」と懸念を表明。日本側から要請があれば、事故の沈静化など当面の作業だけでなく中長期的な対応を含め「われわれの専門家にできることがあれば何でも協力する」と述べた。これまでに日本側からの要請はないという。


 日本政府と、EU加盟国を含む外国政府の間で同原発周辺からの避難指示などの距離範囲が大きく異なることについては「外国にいる自国民に地元政府より慎重な勧告をするのは自然なことだ」として問題はないとの認識を示した。(共同)


 ◆―――――◆


 活動限定にいら立ちも 米軍即応部隊待機」(
2011.3.19 18:40 同)


 18日午前、東京電力福島第1原発の1号機(上)から4号機までの建屋付近を撮影した衛星写真(ロイター)


 東日本大震災と福島第1原発の事故を受け、米軍空母無人機を投入して支援作戦トモダチ」を本格化させている。


 ただ、発生から1週間余りが経過しても即応部隊である海兵隊の現地入りは限られ放射能対応専門とする部隊待機状態日本から具体的な任務を要請されず能力を持て余している」(軍事筋)米側から、いら立ちが垣間見える。


 「実はまだ任務が与えられていない」。米国防総省当局者は18日、沖縄のキャンプ・ハンセンを拠点とする海兵隊第31海兵遠征部隊31MEU約2200人が、秋田沖の揚陸艦3隻で「命令待ち」の状態が続いていると明かした。米軍支援は日本の要請に基づくのが原則だ。(共同)


 ◆―――――◆


 日米情報ギャップ
 米独自の収集解析加速 日本側情報に不信
2011.3.19 18:38 同)


 【ワシントン=古森義久】米国政府が福島第1原発の危機をめぐる日本政府の公表情報への不信を深める中、日米間の情報ギャップを埋めるために米国独自の高性能の放射能測定装置などを日本で使い始めたことが明らかとなった。


 (中略)


 米側では日本の情報収集能力にまで不信を抱いており、民間の国際問題研究機関モントレー研究所のルイス研究員は、福島第1原発の4号機についての日本側の発表情報は主としてヘリからの肉眼による観測を根拠としているとし、あまり信頼できないとの見解を示した。


 ◆―――――◆


 →〔=ブログ作成者〕のコメント自己の無能に気付かず、有能な他者頼らねばならないこともその時期全く解らない政府。良識ある日本国民はこのような愚鈍政府一体何を期待できるのか


 期待できるのは、唯一「早急に政府に消え去ってもらうこと」だけだ。


 ◆―――――◆

 自衛隊首相の「過度の期待」に困惑(2011.3.20 01:30 同)


 政府が東京電力福島第1原子力発電所で、放水に続き建屋周辺でのがれきの除去にも自衛隊の投入を検討しているのは、菅直人首相らが東電に不信感を抱いていることに加え、自衛隊以外に実施できる組織はないとの判断からだ。ただ、原発事故への首相の対応が後手に回ったなかで、最後になって押しつけてくる首相の「常套手段」に自衛隊内には反発も出ている。


 「自衛隊に過度に期待されても困る」


 自衛隊幹部はがれき除去への投入が検討されていることについて困惑気味に語った。がれき除去の場合、屋外で一定時間活動する必要があり、放水よりも隊員が被曝する危険性は格段に増すからだ。


 放水にしても不満がくすぶる。14日には3号機で水素爆発がおき、自衛隊員4人が負傷。けがの程度は軽かったものの、直前に経済産業省から一方的に出動を要請され、東電からも十分な情報提供がなかったことに不信感が残る。


 (中略)


 別の自衛隊幹部は「『最後の砦(とりで)』だという国民の期待には応えたいが、自衛隊の能力にも限界がある」と漏らす。がれき除去もまず自衛隊ありきではなく、必然性と成算を精査したうえで投入すべきだというのが自衛隊側の本音だ。そこを見極めるのは、自衛隊の最高指揮官たる菅首相だが、策に窮すると場当たり的に自衛隊に白羽の矢を立てることが続いている。


 被災地への救援物資の輸送を自衛隊に一元化したのはその象徴だ。きっかけは、農水省が備蓄食糧の輸送手段の確保に苦労していることを知った首相が北沢俊美防衛相に輸送を突如指示したことだ。防衛省は検討していた輸送計画の見直しを迫られた。あげく農水省が要請したカップ麺が連絡もないまま基地に殺到、現場は混乱を極めている


 (以下省略)


 ◆―――――◆


 →〔=ブログ作成者〕のコメント佐藤栄作首相による三矢研究否定事件
1972年)、「非核三原則」の提唱(1972年)、三木武夫首相による日本国の核不拡散条約NPT加盟1976年)によって、日本国政府は自衛隊での核研究を自ら途絶したのであるから、自衛隊に原発事故対応能力など存在するわけがないのは常識であろう。

 管直人民主党論理はいつも分裂し、破綻している。 

 

 ◆―――――◆


 米の放射能部隊派遣も 自衛隊と支援協議(
2011.3.21 00:22 同)


 防衛省は20日、折木良一統合幕僚長と米太平洋軍のウィラード司令官が21日に東日本大震災や福島第1原発事故の支援態勢をめぐり、防衛省で会談すると明らかにした。米軍は事故対応で放射能対策の専門部隊の投入準備を進めており、事態収拾へ日米が本格的に共同対処する可能性が出てきた。


 北沢俊美防衛相は20日夜の記者会見で「米側からも非常に強い支援(参加)の要請があり、さまざまな角度から調整する」と語った。


 米軍は放射性物質監視除染などを行う放射能対策の専門部隊約430人)を待機させ、先遣隊9人は既に来日している。同司令官は17日、放射線量が非常に高く人が近寄れない原子炉で作業するための新技術導入も検討していることを明らかにした。


 ◆―――――◆


 →〔=ブログ作成者〕のコメント米国は原発事故発生当初から、放射能対策の専門部隊派遣協力を申し出てくれた(クリントン国務長官)。


 仮に菅民主党政府がこの申し出を知りながら拒絶していた事実が明白になったならば原発事故の大部分(=原子炉3号機の爆発以後の事故)は「政府不作為による人災」であり、政府の責任問題が問われることになるだろう。真実はいずれ解明されるだろう。


 ◆―――――◆


 海江田
経産相、消防庁隊員恫喝」発言で「不快な思いさせたなら…」謝罪(
2011.3.22 09:57 産経新聞)


 海江田万里
経済産業相は22日午前の閣議後会見で、東日本大震災で被災した東京電力福島第1原子力発電所で放水作業の準備中だった東京消防庁の隊員を恫喝したとされる問題で、「隊員に不快な思いをさせたのならおわびする。言った言わないになるので、事実関係はいずれご報告する」と述べた。


 東京都の石原慎太郎知事は21日、政府側の人物が隊員に対し、「言う通りにやらないと処分する」と発言したと明かしていた。都関係者はこの政府側の人物を海江田経産相としている。


 ◆―――――◆


 →〔=ブログ作成者〕のコメント:「」に近付く恐怖抑えて救援義務果たそうとする勇気ある消防庁隊員恫喝する海江田とは、ハイデッカー主義者か?海江田はいつの日か、良識ある日本国民によって然るべき「処分」をされるだろう。


 ◆―――――◆


 自民・脇参院国対委員長「問責仙谷氏大変な違和感」(
2011.3.22 20:58 産経新聞)


 自民党の脇雅史参院国対委員長は22日の記者会見で、先の臨時国会で問責決議を可決された仙谷由人前官房長官が官房副長官として再び政府入りしたことについて「時を経ずして、また政府の一員として国会に来ることに大変な違和感を持っている。東日本大震災の最中なので露骨な批判は避けたいが、やはり相当おかしい人事だ」と批判した。


 ◆―――――◆


 仙谷氏、復興対策で「乱暴副長官宣言
2011.3.22 18:05同)


 東日本大震災の被災者支援担当の仙谷由人官房副長官(民主党党代表代行)は22日の党常任幹事会で、「復興がより的確に行われるように乱暴なこともやる。乱暴副長官になる」と述べた。そのうえで「省庁は法律の枝葉末節なことにこだわりすぎてポテンヒットになっている」と政府に苦言を呈した。


 ◆―――――◆


 →〔=ブログ作成者〕のコメント:自民党の政治家もさすがにこの大震災と原発事故を気にして、仙石批判を口にできないようだ。


 ならば、〔=ブログ作成者〕が代弁しよう。


 「自衛隊は暴力装置」発言の仙石由人が、大震災のどさくさに紛れて政府に復帰


 これ以上に日本国民自衛隊員海上保安庁職員警察庁職員らの感情を逆撫でする人事があるだろうか。そして馬淵も、である。


 ここにきて、未だに民主党が「狂気の政党だ」とはっきりと認識できない人間は愚かである。


 ◆―――――◆


 子ども手当取り下げ示唆 民主・岡田氏、野党に譲歩
2011.3.26 18:19同)


 (→この見出しは表現がおかしいというよりも虚偽に近い。「子ども手当の積み増し分は取り下げ」と表現すべきであろう)


 民主党の岡田克也幹事長は26日、現行の子ども手当制度を4月から半年間延長する「つなぎ法案」の成立を優先させるため、並行して成立を目指してきた2011年度の子ども手当法案を取り下げる可能性を示唆した。


 東日本大震災関連の視察に訪れた山形県天童市で記者団に述べた。制度拡充を柱とする11年度の法案には野党が強く反対しており、譲歩もやむを得ないと判断したとみられる。


 11年度の法案は既に審議入りしているが、岡田氏は「(現行水準のままつなぎ法案でつなぐことにしたので、積み増す部分は事実上ないわけだから、取り下げてもいいし取り下げなくてもいい」と述べた。


 11年度の法案は3歳から中学卒業までの子供に1人当たり月1万3千円を、3歳未満のみ7千円上乗せして2万円を支給する。


 ◆―――――◆


 →〔=ブログ作成者〕のコメント民主党譲歩という詐欺的な「子ども手当取り下げ」の意味とは平成
23年度から上積み予定の7,000円分のみ取り下げるのであって、現行子ども手当13,000継続するという意味でしかない。


 良識ある日本国民詐欺的な言い回しに決して騙されてはいけない。


 東日本大震災と原発事故が起こり、災害対策等に充てる財源が全くないという状況に至ってもなお「子ども手当などに「異常に固執」する民主党とはいったい何なのだろうか?


 民主党議員には、「自分は正常な思考ができない」ということが「解らない人間不気味さ」が垣間見られるのではないか。


 統一地方選挙がスタートし始めた。


 どの政党には投票してはならないかは、もはや言うまでもなかろう。


【平成
23327日】

エドマンドバーク保守主義者(神戸発) 

 
スポンサーサイト

テーマ : エドマンド・バーク保守主義
ジャンル : 政治・経済

コメント

Secret

プロフィール

バーク保守主義(広報部)

Author:バーク保守主義(広報部)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード