スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神欠陥的 ゴミ屑政治家 小沢一郎の論理を駁す‐‐‐バーク保守主義の怒り、さらに大爆発


 

精神欠陥的 政治家 小沢一郎の論理を駁す――バーク保守主義者の怒り大爆発――小沢一郎の論理を完膚無きまでに論駁す

banner_22.gif←できればクリックお願いいたします。


(年月日)2009.12.14 19:33・・・民主党 小沢一郎(気狂い)幹事長 


(発言/内容)➡天皇陛下と習副主席の特例会見問題をめぐる小沢氏会見の要旨

 民主党小沢一郎幹事長が14日に行った記者会見で、天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見に関する発言要旨は次の通り。

【天皇陛下と習副主席との会見の経緯】

  --習副主席の会見はいわゆる(1カ月前までに文書で正式に申請する)①「30日ルール」にのっとらない形で行われるが

 「②30日ルールって誰が作ったの? 法律で決まっているわけでも何でもないでしょ、んなもの。それはそれとして③君は日本国憲法を読んでるかね? 天皇の行為はなんて書いてある?」

 「④天皇陛下の国事行為は、国民の選んだ内閣の助言と承認で行われるんだよ。それが日本国憲法の理念であり本旨だ。何とかという宮内庁の役人(⑤羽毛田信吾宮内庁長官)が、どうだこうだといったそうだが、⑥日本国憲法、民主主義というものを理解していない人間の発言としか思えない。どうしても反対なら、辞表を提出した後にいうべきだ。当たり前でしょ、⑦役人なんだもん

 「天皇陛下のお体、体調がすぐれないというならば、それよりも優位性の低い行事はお休みになればいいことじゃないですか」

 --「30日ルール」はなくてもいいということか

 「誰が作ったか調べてからもう一回、質問して下さい⑧ルールを無視していいといっているわけじゃないよ宮内庁の役人が作ったから、金科玉条で絶対というそんなバカな話があるかっていうんですよ。⑨天皇陛下ご自身に聞いてみたら『手違いで遅れたかもしれないけれども会いましょう』と必ずおっしゃると思うよ

 --小沢氏が平野博文官房長官に陛下と習副主席の会見を要請したという報道がある。政治利用との指摘もある

 「⑩天皇陛下の国事行為は内閣の助言と承認で行うことだ。それを政治利用だとかいったら天皇陛下、何もできないじゃない。内閣に助言も承認も求めないで、天皇陛下が勝手にやんの?

 --(官房長官に会見を要請した)という事実関係は

 「⑪私が習近平副主席を天皇陛下とお会いさせるべきだとか、させるべきでないとか、というようなことを言った事実はありません!」@ --小沢氏と習副主席の会談の予定が中止になったのはなぜか

 「予定していたわけではない。私は中国行ったばっかりだ。日程がお忙しいだろうと思って『ご無理なさらんでもよろしい』と(伝えた)」(MSN産経ニュース2009.12.14 19:33


(私のコメント)小沢一郎とは気狂いである言っている論理も行動もすべて出鱈目である

 このような気狂い政治家は、国民が総力を挙げて、早く政治生命を終わらせてやるべきである

 上記の小沢発言の妄説・謬論を以下で、論理的に破壊・殲滅する。

 ①「30日ルール」について

 このルールは、多忙な陛下のご日程の調整をスムーズに行うためのものであり、宮内庁と外務省では、各国要人が天皇陛下との会見を希望する場合、多忙な陛下のご日程調整を円滑に進めるため、1カ月前までに文書で正式に申請するよう求めている。

 天皇陛下が前立腺がんの手術をされた翌年の平成16年からはこのルールを厳格に運用国の大小や政治的重要性で取り扱いに差をつけることなく実施してきた。17年にはタイの上院議長の会見要請が1カ月を1日切った段階でされたことがあったが、地震と津波という自然災害の影響だったほかに例外はない

 このルールについて30日ルールって誰が作ったの? 法律で決まっているわけでも何でもないでしょなどと言う意見は全く、論理すり替えの妄論・暴論である。

 「誰がそのルールを作ったか」などは一切関係ないし問題ではない

 「天皇陛下も外務省も宮内庁も世界の約190カ国に対して、対外的・国際的に、このルールに則して同等に取り扱ってきた」という慣例・慣習を、今回「意図的に強制して破った政府の行為が問題」なのである。

 誰がそのルールを作ろうが、「平成16年以降、天皇陛下も宮内庁も外務省そして世界各国も、そのルールに則して、行動し、遵守してきたという慣例・慣習であるから遵守すること」が重要なのである

 小沢一郎はどうしようもない「馬鹿」だから、その基本から分かっていない貧困で愚鈍の知性の典型である

 ③、④「君は日本国憲法を読んでるかね?」「天皇陛下の国事行為は、国民の選んだ内閣の助言と承認で行われるんだよ」馬鹿発言について。

 日本国憲法 「第三条  天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。

 の条文は、象徴天皇としての天皇陛下の政治的行為を抑制するため、天皇が国事行為を行う時(場合)は、内閣の助言と承認を必要(=政治的中立的であるかとか偏向した政治的含意を含んでいないかを内閣がチェックすることを必要)とするとの規定であり、

 内閣が、天皇の国事行為を「強制できる」とは全く書いていない

 そして、日本国憲法 「第四条  天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。」

 とあり、今回の会見は、間接的に中共を利用した、明らかな日本国の国政(内政)に天皇陛下を関係させる強制行為である。

 小沢一郎は、憲法を条文を読んでいるのかもしれないが、憲法の条文の趣旨が全く分かっていない「大馬鹿」である。

 また、この発言は、取り方によっては、「内閣の助言と承認が無ければ、天皇陛下など何も出来ないんだよ(必要ないんだよ)!」という天皇陛下への脅迫の意味合いが含有されている。

 非常に危険なの発言であり、小沢一郎とは狂気の人物であることの証左である

 ⑤羽毛田信吾宮内庁長官こそが、「良識の人」であり、「正しい行動をしている」のであって、天皇陛下を御守りする、その毅然とした姿には大変感銘を受ける

 昭和天皇に忠誠を捧げた、木戸幸一内大臣を思い起こさせる。

 このような人物に辞任を迫る小沢一郎は、私には、日本史上最悪の人物「近衛文麿」と姿が重なる。

 羽毛田信吾宮内庁長官が辞任する必要など全くない。堂々と胸を張って頑張ってほしい。

 鳩山由紀夫小沢一郎が、己の狂気と無能を認めて、天皇陛下に謝罪し、天皇陛下の会見中止とすべきである。どう考えてもそれが筋である。

 ⑥日本国憲法、民主主義というものを理解していない人間の発言としか思えない。との笑止発言について。

 小沢一郎が、よくもまあ、このような発言ができるものである。精神的に欠陥しているのではないか。

 小沢一郎は、己が日本国憲法を理解しているのなら、己が行おうとしている以下の憲法違反についてどう説明するのか。明確な回答を頂きたいものである。

 小沢一郎は、「在日外国人地方参政権附与問題」について、在日外国人に地方参政権附与しようと動いている(日本国民の間でもいろいろと意見がある中、日本国民に向かって説明責任もろくに果たしていないのに先に在日韓国・朝鮮人団体や韓国大統領に向かって、附与するように努めるなどと平気で発言している)が、

 「日本国憲法第十五条  公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である

 ○2  すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。

 ○3 公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。

 ○4  すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。」

 により在日外国人地方参政権附与は明確な違憲であり、「議論の余地は皆無である」

 また、1995228日の最高裁(第三小法廷)判決文の主文「憲法第九十三条第二項は日本国籍を有さない在日外国人には参政権は与えられないと解するべきである」が最高裁の判決(この時の盲腸意見など何ら法的拘束力など持たない)である以上最高裁判所は鳩山政権や民主党が在日外国人に地方参政権を附与する「法律を立法した時」には即座に憲法第八十一条に基づいて、「違憲立法審査権」を発動しなければならない

 もし、最高裁判所が違憲立法審査権を発動しないとすれば、最高裁は、1995228日の最高裁(第三小法廷)判決を出している以上、「最高裁判所がその法律が違憲であると知っていながら、憲法第八十一条違反を故意に犯した」という前代未聞の展開になるであろう。

 「最高裁判所の憲法違反」など前例がないしあってはならないため、誰かが騒ぎ立てれば、日本中が大騒ぎになり、最高裁は「違憲立法審査権」を発動せざるを得なくなるであろう。

 このように論理的に詰めていくと、いくら民主党がやろうとしても、憲法第十五条を改正しない限り、外国人参政権附与法案はいくら国会が立法しても違憲立法審査で必ず廃案となる

 結論は議論する余地もなく、既に決まっている

 もし、小沢一郎が「日本国憲法、民主主義というものを理解しているなら」、在日韓国人団体や韓国本国で、「憲法第十五条の規定」と「1995228日の最高裁(第三小法廷)判決」と「憲法第八十一条に基づく最高裁の違憲立法審査権の発動」の関係において、論理的に不可能で実現し得ない在日外国人地方参政権附与問題について「来年度国会で立法します」などと、日本国民への説明はそっちのけで、在日韓国・朝鮮人団体に吹聴してまわっている行動は一体何なのか?

 普天間基地移設問題で米国との同盟が危機的な状況にある中で、大勢の国会議員を引き連れて中共へ詣でるなど、米国に対して不謹慎とは思わないのか?

 あなたは、一体どこの国の人民なのか?

 以上について弁明してから憲法論を口にしろ

 小沢一郎の考えている日本国憲法や民主主義(=独裁政治)とはこの程度の幼稚なものである。

 いわゆる「幼稚園レベルの政治家」である

 現実問題として、鳩山極左内閣のこれまでの行動は、民意など全く反映していないではないか。

 読者の皆さん、「小沢一郎の民主主義とは、民主主義の衣を着た独裁主義である。権力を握れば、何でもやり放題の独裁政治が小沢一郎の民主主義である

 ことを良く覚えておこう。

 ⑦「役人なんだもん」という発言について。

 私も、「役人」が、いつも正しいとは決して思わないが、今回の対応の場合、外務省の対応にしても、宮内庁の対応にしても「役人」の対応の方「政治家」の対応より100倍以上正当であり、筋が通っている。「政治主導」とはよく言ったものだ。

 はっきり言うが、「鳩山政権及び与党民主党に政治主導の能力は皆無である」。

 ⑧ルールを無視していいといっているわけじゃないよ宮内庁の役人が作ったから、金科玉条で絶対というそんなバカな話があるかっていうんですよ。」発言について。

 慣例や慣習も「ルール」である誰が作ったかなど意味はないその慣例・慣習を、これまで天皇陛下・宮内庁・外務省・政府及び諸外国が遵守してきたこと自体が、重要なのである全くの論理転倒の暴論であるしかも、現に、完全にルール無視していいと言っているし、無視しているではないか。小沢は、完全に精神的に疾患している

 ⑨「天皇陛下ご自身に聞いてみたら『手違いで遅れたかもしれないけれども会いましょう』と必ずおっしゃると思うよ」の発言について。

 天皇陛下は、そのようなことは決しておっしゃらないと断言する

 このルールは、全世界約190カ国に対して適用してきたもので、中共のためのルールではない。

 「ルール違反の常習国/脅迫的な中共の外交手法」の暴挙に天皇陛下が賛同されるはずがない。

 そして、この発言も、④「天皇陛下の国事行為は、国民の選んだ内閣の助言と承認で行われるんだよ」の発言と併せて考えると、取り方によっては、天皇陛下への脅迫と言われても仕方がないのではないか

 日本国民は、小沢一郎のような、幼稚園レベルの知能で、モラルもなく、独裁的な「ゴミ屑政治家」は、一刻も早く、日本国の政界から追放すべきである。私は、「中国共産党への入党」を推薦する

スポンサーサイト

テーマ : エドマンド・バーク保守主義
ジャンル : 政治・経済

コメント

Secret

プロフィール

バーク保守主義(広報部)

Author:バーク保守主義(広報部)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。